1:はじめに

     2:Profile & Album

     3:Sax教室の紹介

     4:Album「We Four」について

     5:Transcribe Solo

 

            2004年9月26日Sax教室発表会ーー写真集

          2007年3月21日Sax教室発表会(その1)Small写真集

(その2)Large写真集

 

 

                                                    ホームへ戻る


1:はじめに

 

この部屋は、我が師匠「清水末寿」先生ーー愛称「あにやん」ーーの部屋です。

広島在住のベテランサックス奏者で、現在、広島のライブハウス「SOHO」を拠点にして精力的に

活動中です。また広島のジャズシーン活性化のため、数多くのミュージシャンを東京から招き

セッションを展開されてます。そしてサックス教室も主宰し後進の指導にも力を入れておられます。

 

と、ここまでは通り一遍の説明ですが、ここからは私情も含めてての説明です。

私が「あにやん」の演奏を初めて聞いたのは10年程前ですが「ジャズニーズ」と言うライブハウス

でした。曲名は分かりませんでしたが、ゴスペル調のニグロスピリチュアルと言った感じの曲でした。

そのバラード演奏に甚く感動しました。ワアーーこんな凄い人が広島にも居たのかァーと思いました。

Sax教室をやっていると聞いて、すぐに入りました。そのヤクザ風(?)の風貌とはウラハラでとても

気さくで、親しみ易い人柄でした。

「あにやん」のSax教室は、「あにやん」の性格もあるのでしょうが、非常に実践主義です。エチュード

に従ってシステマティックにーーーなどと言う事はぜんぜんありません。理論も聞けば、いくらでも答えて

くれますが聞かないかぎり教えてはくれません。自分の吹くのを見て、聞いて、盗める物は、自分で

盗め! と言った「あにやん」の職人気質そのままの教室です。私は大変気に入りました。

Sax教室は 年に2回 ある発表会の練習で進行していきます。春(3月ごろ)には、小山彰太(ds)

池田芳夫(b)さんが、秋(10月ごろ)には、中村達也(ds)グループが東京からかけつけてくださいます。

皆でやるサックスアンサンブルの曲と、自分ひとりでやるソロの曲の練習が中心です。

その合い間、合い間に、U−Xのフレーズの練習とか、イントロやエンディングの吹き方、等の練習

が入ってきます。非常に実践第一主義です。事実、「あにやん」はライブの方へ「吹きに来るように」

何度も勧めます。たまに吹きに行くと、次の練習日に、それとなく悪い所を指摘してくれます。

「顎を引いて、喉を絞めたらイカン」とか「エンディングはこうした方が良い」とか、それとなく指摘

してくれるので、その時は分かりずらいのですが、後で考えると大事なことばかりです。

「あにやん」と言うのは、小山彰太さん、池田芳夫さん、中村達也さん達が、清水さんの事をそう呼ぶので

私も使ってみたいと思っている呼び方です。


2:Profile & Album

 

 

「清水末寿」     Tenor & Soprano  Saxophone

 

 

「Album」

 


ホームへ